ボンジョールノー

こんにちは!イタリア演奏旅行5日目。イタリアでの演奏会をクレモナとフィレンツェで無事終了し、今日からは観光が続きます。

今日、明日で帰国される方もいますが、ほとんどの方が観光を楽しみます。

 

今日の行程は半日観光の後グループ観光、そして夕食パーティーでした。

半日観光は、「サンタ・マリア・デルフィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)」や「シニョリーア広場」などを周り、ガイドさんおすすめのジェラート屋さんに行きました。

ジェラートの発祥はここフィレンツェ!本場の味を楽しみたいところですが、グラニータをいただきました。グラニータは、かき氷とフロートを合わせたようなもので、シャリシャリとして30度以上のイタリアの気候には必要不可欠なものです。

そして、イタリア人の夏には欠かせないものです。

 

マイブームで、ジェラートにはまっていて、本場のイタリアで食べることができて良かったです。(S.T  高校2年)

 

私達の班はフィレンツェのウフィッツイ博物館とアカデミア博物館に行ってきました。

どちらの博物館も中世のルネサンス前後に描かれた絵画や彫刻品が保管されており、どの作品も圧倒的に美しい世界を感じさせるものばかりでした。

ウフィッツイ博物館といったらこちらの絵画‼

 

そうです!皆さんご存知『ブィーナスの誕生』です。想像以上の大きさ、また光と陰を巧みに使うボッティチェリの技術に感動しました。

そして、アカデミア博物館といったらこちら‼

そうです!風呂上がりの青年『ダビデ象』(目のやりどころに困りますwww)

ミケランジェロによる彫刻作品で壮大、血管が浮き出るほど緻密な作業この二つを兼ねそなえた作品だと思いました。

 

とても貴重の時間を過ごせて嬉しかったです!(S.I  高校1年)

 

夕食はミケランジェロ広場にある松井先生のおすすめ高級レストランでした。

フィレンツェの街を一望できるレストランでの食事はとても美味しかったです。

 

食事の前には、昨日コンサートをしたサント・スピリト聖堂のジュゼッペ神父様より祝福の言葉をいただきました。

そしていよいよ食事がスタート。一皿目のきしめん風パスタ(malfatti al classico ragu toscano)はミートソースで味付けされて、少し固い食感で、とても美味しかったです。

メインの背中のビーフステーキ(bistecca fiorentina)は多すぎて食べられない程の量でした。

1皿に2kg程の肉がのっており、食べるのが大変でした。

焼き具合はレアからミディアムレアぐらいで筋や脂が多かったです。少し食べづらかったですが、何とか食べられました!

デザートはアイスクリームタルト(semifreddo vaniglia in salsa di frutta)でチョコレートソースやミントがトッピングされていてとても綺麗で美味しかったです。

イタリアは食も美味しい国なので日本人にも合う味付けでとても食べやすかったです。

明日は、終日観光なので楽しみたいと思います。

チャーオー (Y.S  中学2年)

※イタリア演奏ツアーブログはコンサート演奏者が交代で記事を執筆しています※

関連記事

ピックアップ記事

  1. 1月  ’音育 Otoiku Parents Music Salon’ のご案内 音育 Otoik…
  2. 12月  ’音育 Otoiku Parents Music Salon’ のご案内 音育 Otoi…
  3. 201712体験チラシ (2)のサムネイル
    楽器体験会とは? これまでヴァイオリンに馴染みのなかった方々を対象に、楽器に触れてみていただき、興…

アーカイブ

見学・入会案内

見学・入会等のお問い合わせ
03-5418-5977
受付時間 10:00〜17:30
入会についての詳細はこちら

スズキ生涯学習

  1. 登録されている記事はございません。

音育サロン

  1. 登録されている記事はございません。

サイト運営管理者

TOKYO麻布ミュージックセンター
〒106-0047
東京都港区南麻布1-15-5
ソフィア麻布 B1

Tel: 03-5418-5977
ページ上部へ戻る