TOKYOセンターアンサンブル 2019年イタリア演奏ツアー旅行記【8日目 ローマ サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会 演奏会】

昨日の興奮も冷めやらぬ中、午前中はイタリア演奏旅行最後のコンサートに向けて、フィレンツェからローマへバスで移動しました。今日も素晴らしい演奏会にするため、道中しっかりと身体を休めておきます。

途中休憩に立ち寄ったサービスエリアでは、お土産を購入している方が多くいました。私はイタリア在住の方にお薦めされたピスタチオのクッキーを買いました。因みに、イタリアではシチリア産のピスタチオが有名とのことで、ジェラートもピスタチオ味を食べると良いとアドバイスをいただきました。

その後再びバスに乗り、お昼頃にローマに到着しました。都会的な喧騒に包まれた街に到着すると、すぐにお昼ご飯です。お昼はパスタとお魚料理、デザートにケーキをいただきました。

昼食後は再びバスに乗り、本日の会場であるサンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会に向かいました。到着すると、すぐにリハーサル開始です!昨日の教会と響きは違いますが、独特の長い残響は同じでした。残響に惑わされないよう、皆集中してリハーサルに取り組みました。

その甲斐あって、本番は美しい響きで教会を満たすことができたと思います。いつも当たり前に聴いている曲も、教会の残響に乗ると大変美しくなることを知り、演奏者の私も自然と敬虔な気持ちになりました。そしてお客さんも大変喜んで下さりました。

最後の演奏会を大成功で終えた後は、晩ご飯の時間です!

今日は各自自由にご飯を食べて良いとのことで、ある人は仲良しの友達とスーパーへ買い出しに、またある人はご家族でお目当てのレストランへ向かいました。私もグループで旅行ガイドさんお薦めのレストランに行きました。お肉の美味しいレストランとのことで、コース料理を頼んでみたところ、なんとデザート以外は全て肉料理!野菜もパスタも無しです!そしてその肉料理がとっても美味しいのです。運ばれてきた時はその大きさに驚きましたが、結果は全員完食でした。大きなお肉を沢山食べて、大満足です。ワインはお店お薦めのハウスワインをいただきました。(勿論成人のみです!)こちらも大変飲みやすく、飲み過ぎに注意しながら美味しくいただきました。

私は明日帰国してしまうため、ローマ観光はできませんが、他の参加者は明日の観光を充実したものにするため、しっかり身体を休めて備えます。

by    健人

昨日のサント・スピリト教会での演奏の興奮も冷め止らぬなか、演奏旅行8日目、花の都フィレンツェを離れ、約3時間半かけてイタリアの首都ローマへ向かいました。

 今回の旅行でお世話になっているバスは、トスカーナバスのSETRAというバスで、添乗員さんもこのバスが来るとホッとするらしいです。ツアー旅行でイタリアに行く機会があれば、是非チェックしてみて下さい!

さて、バスは出発すると、フィレンツェの市街地を抜け、高速道路に入りました。みなさんはお疲れなのか、バスの中は、これまでよりも静かです。私も疲れからバスの中では寝ていました。出発から約1時間半、サービスエリアで25分間の休憩です。皆お土産のお菓子などを買いに売店は大混雑でした。また、やすよ先生からのチョコレート菓子の差し入れもあり、皆元気になりました。再び出発し、12時頃、高速道路を降り、スタディオ・オリンピコの横を通り過ぎ、しばらくすると、ホテルに到着しました。

昼食はホテルの向かいにある、レストラン“GROTTA AZZURRA”というところでした。“GROTTA AZZURRA”って日本語で「青の洞窟」という意味らしいです。店内は青の洞窟をイメージしたデザインになっていました。

昼食後は、今日の演奏を行う、サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会へ向かいました。サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会は、サント・スピリト教会とはまた異なり、きらびやかで、天井や壁一面に装飾がなされています。残響はやはり長めではあるものの、音の粒は遠くでも聞こえるとのことでした(演奏者としては長い残響に惑わされないよう必死でしたが…)。

メンバーは疲れのせいか元気がありませんでした(実際、私は風邪気味でした…)。しかし、いざ本番になると、有りったけの集中力を持って演奏に臨んでいました。メンバー一同、これまで4回の演奏を通じて見つかった課題点を修正しようと頑張って演奏していました。その甲斐もあってか、お客様にもとても喜んでもらえる演奏が出来たのではと思っています。

私は、これまで5回の演奏会を通じて、耳だけに頼らず、必ず「目」でパートトップや指揮者の動きを確認しながら、演奏していく必要性を改めて感じました。今後のアンサンブルでも今回の経験を生かしていこうと思っています。

さて、演奏が終わってからは、各自自由に夕食です。私は、ホテルを出て左に2ブロック目にある、添乗員さんオススメのお店の肉料理を食べてきました。コース料理を頼みましたが、なんと、牛肉のカルパッチョと2種のステーキという肉三昧なものでした。肝心のお味はというと……これまた絶品です!お店の名前は忘れてしまいましたが、皆さまローマにいらした際は是非とも食べに行ってください!

そして、明日の朝早くに、先に帰ってしまうメンバーの送別会をホテル近くのお店で行いました。もう少しで今回の旅が終わってしまうと思うと、少し寂しい気分にもなりますが残り少ない演奏旅行を目一杯充実したものにしていくつもりです。

昨日のサント・スピリト教会での演奏の興奮も冷め止らぬなか、演奏旅行8日目、花の都フィレンツェを離れ、約3時間半かけてイタリアの首都ローマへ向かいました。

 今回の旅行でお世話になっているバスは、トスカーナバスのSETRAというバスで、添乗員さんもこのバスが来るとホッとするらしいです。ツアー旅行でイタリアに行く機会があれば、是非チェックしてみて下さい!

さて、バスは出発すると、フィレンツェの市街地を抜け、高速道路に入りました。みなさんはお疲れなのか、バスの中は、これまでよりも静かです。私も疲れからバスの中では寝ていました。出発から約1時間半、サービスエリアで25分間の休憩です。皆お土産のお菓子などを買いに売店は大混雑でした。また、やすよ先生からのチョコレート菓子の差し入れもあり、皆元気になりました。再び出発し、12時頃、高速道路を降り、スタディオ・オリンピコの横を通り過ぎ、しばらくすると、ホテルに到着しました。

昼食はホテルの向かいにある、レストラン“GROTTA AZZURRA”というところでした。“GROTTA AZZURRA”って日本語で「青の洞窟」という意味らしいです。店内は青の洞窟をイメージしたデザインになっていました。

昼食後は、今日の演奏を行う、サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会へ向かいました。サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会は、サント・スピリト教会とはまた異なり、きらびやかで、天井や壁一面に装飾がなされています。残響はやはり長めではあるものの、音の粒は遠くでも聞こえるとのことでした(演奏者としては長い残響に惑わされないよう必死でしたが…)。

メンバーは疲れのせいか元気がありませんでした(実際、私は風邪気味でした…)。しかし、いざ本番になると、有りったけの集中力を持って演奏に臨んでいました。メンバー一同、これまで4回の演奏を通じて見つかった課題点を修正しようと頑張って演奏していました。その甲斐もあってか、お客様にもとても喜んでもらえる演奏が出来たのではと思っています。

私は、これまで5回の演奏会を通じて、耳だけに頼らず、必ず「目」でパートトップや指揮者の動きを確認しながら、演奏していく必要性を改めて感じました。今後のアンサンブルでも今回の経験を生かしていこうと思っています。

さて、演奏が終わってからは、各自自由に夕食です。私は、ホテルを出て左に2ブロック目にある、添乗員さんオススメのお店の肉料理を食べてきました。コース料理を頼みましたが、なんと、牛肉のカルパッチョと2種のステーキという肉三昧なものでした。肝心のお味はというと……これまた絶品です!お店の名前は忘れてしまいましたが、皆さまローマにいらした際は是非とも食べに行ってください!

そして、明日の朝早くに、先に帰ってしまうメンバーの送別会をホテル近くのお店で行いました。もう少しで今回の旅が終わってしまうと思うと、少し寂しい気分にもなりますが残り少ない演奏旅行を目一杯充実したものにしていくつもりです。

さて、明日9日目は各自オプショナルツアーや自由行動をして楽しむ予定です。 9日目のブログもお楽しみに!!

by   大朗

今日は6時に起床し、ホテルで美味しい朝食を食べ、8時にフィレンツェから最終の地、ローマへと向かいました。ローマ到着後、レストランにて昼食をとり、サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会で最後のコンサートを行いました。まわりの音が聴きやすく、弾きやすかったです。良いコンサートになったと思います。

夜はホテル近くのスーパーで買い物をし、ピザを注文し、ホテルで打ち上げをし、仲間と楽しいひと時を過ごしました。

イタリア演奏旅行もあと残り2日となりました。イタリアでの生活は見るもの全て新しく、自分の世界が広がったような気がします。明日はそれぞれでローマの観光をします。最後まで気を抜かずに無事に日本に帰りたいです。

by  咲歩

フィレンツェからローマへ

サンタンドレア.デッラ.ヴァッレ教会にてコンサート

今日が最後の演奏会でした。

回数を重ねるごとに 「ここは間違えたくない!」など更に具体的な目標をもちながら一生懸命演奏しました 。

うまくいったところと、ちょっと悔しいところと。 言葉にはあらわせないほどの 経験をさせてもらいました 。

お客さんの中には涙を流してくださる方もいて、たくさんの拍手が響いていました 。

人々から愛されるローマ、 永遠の都ローマで ぼくたちの音がお客さんの心に届いたこと、 このことをぼくは一生忘れません 。

ぼくたちは よくがんばりました!

イタリアに来てよかったぁーーーーーーー♫

by    理生

関連記事

ピックアップ記事

  1. 秋桜の美しい午後のひとときお出掛けいただけましたなら幸いでございます。 日 時:11月9日(土) …
  2. フルート科の桂綾子先生がご出演されます。 歌、ピアノ、クラリネット、マリンバ、フルートなど…
  3. CDを作成して良かったと感謝した日でした 😌🙏💝 急…

見学・入会案内

見学・入会等のお問い合わせ
03-5418-5977
受付時間 10:00〜17:30
メールでのお問い合わせは
こちら

スズキ生涯学習

  1. 登録されている記事はございません。

音育サロン

  1. 登録されている記事はございません。

サイト運営管理者

TOKYO麻布ミュージックセンター
〒106-0047
東京都港区南麻布1-15-5
ソフィア麻布 B1

Tel: 03-5418-5977
ページ上部へ戻る